インプラントの歴史

インプラントの昔と今

インプラント役立ち情報

先進医療としてのインプラント

歯の治療法として注目されていますインプラント治療とは、従来のブリッジ・入歯と全く違い顎骨に穴を掘って器具を埋め込み、人工歯を固定する方法です。その為に体の負担が大きいのですが、治療期間も長期になり、治療費も健康保険適用でなく自由診療となりますので高額となります、その代わり普通の歯と変わらない代わらない噛み心地です。2012年3が31日までは先進医療として認められていたインプラント治療は保険適用に変更になりました。先進医療として認められる医療は、顎の大部分の骨を失い、食事が出来ない状態で、医師が認めた場合に限られます。一般的に歯医者で行われる医療は保険適用では無く、自由診療となります。

先進医療としての歯科治療

10数年前のインプラントでは、歯茎に入れたチタン製の人工歯茎が、歯茎を乗り越えてしまい、浮き上がるうことも多かったようですが、先進医療では、シミュレーション技術が大きく進み、そのような失敗症例が少なくなっているようです。まずは抜歯数ヶ月たった顎の条件がCTスキャンやコンピュータシステム技術で確かめられます。その後人工歯同士の力関係や違う歯との力関係が調整されます。これには術者の経験が必要となりますので、歯科を選ぶ際に吟味が必要となります。最新のインプラント技術を学んだ若い歯科医がいいのですが、加えて経験が求められますので、やや難しい選択になりそうです。