インプラントの撮影

インプラント治療後の検診

インプラント役立ち情報

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れとしては、全身状態の問診と口腔内の検査をまず行います。あごの骨の量と質を記録するために口の中の型を取ってレントゲン・CT撮影を行いそれらのデータをもとにインプラントの治療計画を立てて、それに沿って手術などを行っていきます。手術は局部麻酔をかけて行われ、歯根が骨と結合するまで期間を取り、その後人工の歯を装着します。かかる期間などは場所や個数、骨の健康状態や体調などによって個人差があります。歯磨きなど口内のケアをしっかりと行い、定期健診を受けることで健康に保つことができます。

インプラントでおいしく食べる

何らかの理由で歯がなくなってしまった場合、インプラントと言う治療法があります。歯茎の下の骨に人工の根っこを植え、その上に被せものをする方法です。骨と人工根が固定されるまで時間はかかりますが、違和感が少なくほぼ天然歯のように咬むことができます。その歯単体で治療できるので、他の歯に負担をかけません。また、取り外すことがないので他の人に気付かれることもなく、手入れをきちんとすることで長持ちするのです。永久歯は一度失うと二度と生えてきません。インプラント治療は食べ物をおいしく食べたいと思う人にお勧めの治療法です。