インプラントで鬱?

インプラントの後の病気

インプラント役立ち情報

インプラントによる体調不良

歯の見た目や利便性を考え、高額な費用を使いインプラント手術をする方がいます。手術全てが悪い物ではありませんが、術後、体調不良を訴える患者が多いようです。その内容も様々で、うつ病のようになったり、心臓病を患ったり、ぜんそくが発症したりと様々です。術後の患者の脳内に、何らかの変化が起こり、色々な体調不良を引き起こしている可能性が高いという研究結果もあります。インプラントは、ごく一般的な治療とされていますが、このような可能性については、否定的に扱われており、あまり知られていません。手術を受ける前に、メリットとデメリットをしっかり理解することが重要です。

治療の後に起こる体調不良

インプラント治療後に体調不良をうったえる人がいます。これは外科手術であるという認識不足と、歯科医院の説明不足からおこるトラブルの一つです。入れ歯や差し歯の治療とは違い、顎の骨に人工歯を接合するため外科手術の領域にはいります。最善の注意をはらっても顎まわりの神経に影響をおよぼす可能性があり、後遺症につながるケースがあります。一部の人ですが、インプラントの歯根がチタンでできてるため、金属アレルギーをおこすことがあります。歯科医院でメリット・デメリットの説明をしっかりうけることが、治療後の体調不良のリスクをさげる一つの方法です。